2022年11月28日

予備校を選ぶポイント

目標の大学を受験するにあたり予備校に通って勉強する人は多いと思いますが予備校を大きく分けると総合予備校・個別指導予備校・現役専門予備校・医歯薬大受験予備校・美大受験予備校・大検受験予備校の6つに分かれています。

実際に予備校を選ぶ時、自分の行きたい志望学部・学科にあったコースを選ぶのも1つの手ですが、他にも色々な選び方があります。
例えば、志望大学1つを決めてその大学にあった行きたい予備校を決めようと思っても、探してみるといくつかの予備校が出て来ると思います。その時の為にいろいろな選びかたを紹介できればと思います

何年か前は、先生に質問などしたい場合を考え、少人数制がよいなど受講生の人数的な問題などをあげていましたが、最近の予備校は大手の予備校であれば殆どが担任制を取っている所が増えて来たので、スムーズに質問する事が出来、成績相談などにも乗ってくれたり判らない所は復習などをしてくれる所が増えてきているのであまり変わらないのではないかと思います。

他には講師で選ぶ方法があります。
大学受験などの受験予備校の生徒にとって講座が面白い又は分かりやすいという理由は、いい講師、有名講師の講座が殆どです。
また施設で選ぶ方法などもあり、綺麗な所だと勉強も何故かはかどりますよね。廊下はきちんと掃除されているか。
職員室・講師室で職員や講師達は緊張感をもっているか。自習室や図書室の充実的には使えるかなど、見学に行ってチェックをするのもよいと思われます。

最近は、予備校の勉強のサポート方法なども沢山ありますので、その予備校の勉強方法やサポート方法などで自分に合う予備校を選ぶのも良いと思われますね。
皆さんも自分が1番勉強できる環境の予備校を選んで下さい

posted by よびこう at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 予備校について

進学予備校

明治時代の旧制大学の設置以来、予備校は存在しており、最も歴史の古いものには、研数学館、駿台予備学校などがある。
大手予備校は1950年代の中盤から後半にかけて作られている。1970年代、1980年代、1990年代前半の受験バブルの時代においては、現役よりも浪人して大学進学することが一般化し(「一浪 【いちろう: 一年浪人すること】」と書いて、「ひとなみ」=「人並み」と読む、などと俗に言われていた)、このころ予備校は予備校文化も形成されるに至った。1990年代後半にバブル崩壊後、少子化の進展につれて、浪人生の数は予備校は浪人生を本科から、現役生を対象とするコースへと重点を移す傾向にあり、推薦入試やAO入試の対策、これらにニーズが高まっているのが現状である。依然として、一般入試は大手予備校においては、本科も規模を縮小しながら、存続し続けていくものと見られる。 予備校は設置されていないが、過去には多くの地域で公立高校が浪人生用の講座・校舎を有しており、現在でも、鳥取県では高等学校に大学進学対策の専攻科が、長崎県には県の外郭団体が運営する予備校がある。
予備校の業界団体として、全国予備学校協議会がある。予備校のみを会員とするが、代々木ゼミナールや北九州予備校のように未加盟、もしくは、加盟後に脱退したものもある。
大学受験予備校は、以前は大学受験に不合格となった人が通うのが主流だったが、近年は高校と通う現役生用予備校も増えている。

資格試験予備校

講座を開設している予備校を「資格試験予備校」という。 資格試験以外にも公務員試験、教員採用試験といった採用試験対策も行っている。法科大学院、新司法試験の対策に力を入れている予備校を「司法試験予備校」という。 伊藤塾と辰巳法律研究所は、当初は司法試験対策のみであったが、現在は他の資格試験対策の講座も開設して司法試験対策のみの予備校は存在しなくなった。法科大学院ないしは新司法試験の開始にあたり、カリキュラムのための講座を開設している。 議論においては、司法試験の受験を臨む学生が授業に執心するのではなく、司法試験予備校の講座に依拠する度合いが高いことが批判的に論じられた。

posted by よびこう at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 予備校について

予備校

予備校(よびこう)は、各種試験、大学受験や司法試験などを受験する受験者に対して、予め受験する科目の知識や出題される問題傾向などの情報を提供する商業的な教育施設をいいます。試験合格後に必要な知識等を同時に提供する予備校も多くあります。学校の種別としては、各種学校、専修学校、無認可校のいずれが予備校と呼ばれています。設置者は、学校法人、株式会社など多様です。

予備校とは

日本では、社会的グループに新たに所属しようとする際、選抜試験を課す例が見られる。志願者が少ない場合に選抜試験は形骸化していることもあるが、志願者が多い場合は合格率も下がり、選抜試験の難易度も上昇する。選抜試験としては、入学試験と資格試験が受験(進学)予備校、司法試験予備校、公務員試験などが一般的に「予備校」と認知されているが、特定の会社・職種の採用試験(医師国家試験、客室乗務員、パイロット、気象予報士、など)に対応した予備校も存在している。
一般的にあまり認識されていないが、運転免許取得のための自動車学校も予備校の一種なのである。

posted by よびこう at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 予備校について
e-予備校ガイド
進学予備校
司法試験挑戦
公務員受験
看護学校受験