2022年11月28日

司法試験

予備校は司法試験を受ける場合の為にも予備校があるそうです。

特に司法試験予備校出身者は司法試験の合格率も高く、高い割合でほとんどの司法試験の合格者は予備校を利用しているそうです。

司法試験予備校は、一人で司法試験などの勉強するのとは全く違って、試験の勉強や試験の対策、ノウハウをもっているので、希望すれば情報の収集と公開をしてくれるので司法試験を受験する生徒達を始め大学受験などの受験生にとっては、無視できない必要な情報源だと考えられます。それに合わせ殆どの予備校は、入門講座を開講しており、試験に合格するためにどういった勉強してどのような問題を解けばいいのかなど、大学での学術的な講義とは一味違い、受験の為の勉強法や心構えなどのアドバイスを多くしてくれ、合格のためのサポートをしてくれます。

大学で使っている教科書などで初めて司法の勉強をし始めると、特に初めて司法試験の勉強をしようとする人には特に大学の教科書などでは難しいと考えられています。

司法試験予備校では、法学部の1、2年生や、他学部の学生、他学部出身者の方が試験勉強をする時に、入門講座を用意しており、これらを利用することによって、司法試験の受験勉強がより効率よくすすむため、司法試験などの受験をするために利用するととても勉強になると思います。
しかし司法試験の受験を受けること自体、お金がかかると言われているので予備校なんて行けないと言う方も少なくはないのは事実のようです。

司法試験対策には通信講座などもありますし、自分で学ぶ事も可能だと思います。
でもかえて自分一人で勉強すると1度で合格出来ない人が殆どで逆にお金をかけずに勉強することが、かえって回り道になってお金がかかってしまったといった現実も少なくありません。

どちらにしても受験を今年受ける人やこれから受験勉強をはじめるという場合は、金銭面について、予備校に行くにしても、通信講座を受けるにしてもまた一人でガンバルにしても、お金がかかる事を頭においておくことが必要かもしれませんね。

これから司法試験を受ける皆さんも良く考えてからどうするか選んで下さいね。

posted by よびこう at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 司法試験予備校
e-予備校ガイド
進学予備校
司法試験挑戦
公務員受験
看護学校受験